コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

7/19 トレーニング記録

2300kcalの旅

 昨日は、多摩地区のあるクラブチームの練習に参加しました。
tokyo_to_yamanashi.jpg
3都県にまたがってますw

ルート
東京都立川市~八王子市~大垂水峠~相模湖~山梨県旧秋山村 往復120km強

 この日。ワタクシは個人的に、リベンジに萌えていや燃えておりました。というもの、2週間前の同じ練習の復路、60代男性の引く列車にあえなくちぎられたからです(o´・ω・`o)ショボーン←しかもその隊列に女性でしかも鉄パイプ+ダブルレバーの方がいましたwそれからというもの、通勤がてら心拍計を使ってのHRトレーニングに励んでおりました。ここでは少し寄り道して、HRトレーニングについてご説明したいと思います(興味の無い方は飛ばしていただいてかまいません)。

HRトレーニングとは・・・
 みなさんもご存知の通り、心拍数と運動強度は比例します。そしてトレーニングには目的に合わせた強度=心拍数を維持することが大切です。それがハート・レート・トレーニング、略してHRトレーニングです。目的別の心拍数とは

 最大心拍数の60%・・・体力増進、脂肪燃焼            33km/h以下
 最大心拍数の80%・・・レースレベルでのスタミナ強化      36-40km/h
 最大心拍数の90%・・・有酸素運動の上限での持久力向上   40-45km/h
 
 *最大心拍数の簡易測定法  220-年齢=推定最大心拍数
 *エリートレーサーの数字なので、個々人のレベルによって異なります。
 参考 『今中大介のロードバイクテクニック&トレーニングマニュアル』 出版 2002

 私の知識がいかに受け売りか、おわかりになったと思いますw


これはもしかしていけるかも?!
 さて、密かな「特訓」の成果を出すには絶好な機会です。気合を入れて、いつもよりワンランク上のグループに合流しました。このグループは遠回りのルートを通るので、私は道を知りません。つまり「千切れ」たらそこでジ・エンドなのです!!内心ドッキドキ!!w

 しかし、これが特訓の成果なのか。35km/hで走っても、140拍前後をキープしています。長い急斜面も、ダンシングを織り交ぜてクリアー!!集団がペースを上げてヒヤリとする場面もありましたが、スリップストリームに入ってどうにかついていけました。


アタックのご利用は計画的に
 本日のルート一つ目の峠は、東京都と神奈川県の境である「大垂水峠」です。標高392m、麓との標高差は200m程度あります。ここで重要になるのが、先ほどの「心拍数」。私がバテずに持続できる心拍数の上限は165bpm(約82%)程度なので、それをキープしながら上っていきます。勾配が急になればギアを落とし、緩くなればその逆で、こまめにギアチェンジします。そうしているうちに、先に出発したマイペースグループの人たちが見えてきました。でも、前走者がいるときこそ慌てず騒がず黙々と自分のペースを守り・・・アウトに振って・・・オーバーテイク!!(◎´∀`)ノヨッシャ
相手が上級者じゃなくても、追い越せるとうれしいものですw

 さあ、頂上が近づいてきました。今まで165bpmの自己規制をしていましたが、そろそろスパートをかけても良さそうです。一段、二段シフトアップし、渾身の力をこめてアタック開始!前にいるもう1人をダンシングでかわし残りは30m、まだ余力はあります。カーブの先には頂上が見えるはず。そしたらラストスパートをかけるぞ。さあこい!ってアレ?またカーブが出現。

 アタックポイント、間違えた
 
 完全に自分の限界を超える距離でした。心拍が170bpmまで上がってしまい、ギッリギリで頂上を通過。危なかった・・・



 大垂水を越え、麓の相模湖駅でエナジーゼリーとアイスを食べて一休みしたら、湖を渡り山梨県へ。そこからの20kmはほとんど登りですが、165拍走法でクリア。正午には旧秋山村のお饅頭屋さんに到着し、チーム員の皆様とデッカいお饅頭をいただいて帰ってきました。往復124kmの記録は、以下の通りです。

July19.jpg
july19max.jpg

峠を含めてアベレージ24km/hならまずまずかな?
スポンサーサイト

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは!
私なんかより随分とハイレベルですねぇ~
大垂水は品川に住んでいた学生時代に何度か行きましたが、今あそこを24km/hアベレージで走れるとはとても思えません。最高速度60km/hも出せる度胸も体力もないし(;_;)
それはそれとして、心拍計の活用法は勉強になります。上手く使いこなせると無駄な消耗を抑えながら効率のよい走りが出来るようになりそう。それにはまず、自分の心拍を知ることから始めなくてはなりませんね。どうせまた忘れてしまうだろうけど、そのときはまた反復して読ませていただきます(^^)

No title

ともさんこんにちは!
 お返事遅くなりまして申し訳ありません(--;)
何をおっしゃいますか~~Ave.30km/hオーバー(!)のともさんなら余裕ですよ!!むしろどんなトレーニングを積んでいらっしゃるのかアドバイスを請いたいくらいです。

 ともあれ、下り60km/h越えでも不安を感じさせないOCR3は、やはり大したものですね!!コストパフォーマンスは本当にいいと思います。ますますジャイアン党になりました(笑)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。