コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ウインドブレーカー導入

秋が深まり、肌寒いのでウインドブレーカーを導入しました。

zerorh+ Aquaria Jacket
091028_1617~0001

背面には、ポケットが一つついています。
091028_1619~0002

腕の付け根部分は、メッシュ素材になっていて湿った空気を逃がせるようになっています。
091028_1620~0001


使わない時は、コンパクトに丸めて背中のポッケに収納できます。
メチャクチャ薄い素材です。


私は、去年まで普段着で走っていたので、本格的な格好で冬を迎えるのは今回が初めてです。そこでショップの方にアドバイスをいただきました。

秋~冬にかけてのポイントは
「カンタンに体温調整ができること」
だそうです。

今の季節、発熱性のアンダーウェアでは汗だくになってしまうそうです。走り始めやダウンヒルだけしっかり風を防ぎ、暑くなったら脱いでしまえるのが重要とのこと。その役割を担うのがウインドブレーカーやアームウォーマー、レッグウォーマーです。

<アームウォーマー>
装着時                          折りたたみ時
CA380275-0001.jpg CA380276-0001.jpg



使用感やいかに
うすーいウインドブレーカーですが、想像以上に暖かいです。ジャージでは肌寒い、そんな時に着るとキッチリ走行風を防いでくれ、かなり楽になります。走り出すとスグに暑くなるので、たたんで携帯できるというのも重要。アームウォーマーだけでもかなり暖かいのですが、胴体部分に当たる風は防げないので、これからはウインドブレーカーが必須アイテムになりそうです。



レッグウォーマーとの組み合わせで、初冬にかけて活躍してくれそうです(^^)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。